極寒ベタ凪・透明潮

前提条件

地磯

2月

風1m・無風

潮ほとんど動かない

透き通っていて目視ではエサ取りも見えない

 

1)0号ウキ深棚を狙う

ハリス3ヒロ1~1.75号直結

ウキ小粒0

ハリグレ4号

 

ウキ止めは付けず3・5ヒロと4ヒロあたりに赤い目印糸を結んでおく。

 

偏光グラスで観察し、ポイントを設定したらそこの低層にコマセが届くようにコマセ投入点を決める。

 

仕掛けを振込み、竿をやや上向きに構え道糸は海面につかないようにする。

 

この道糸の操作で、軽い仕掛け(ハリス・針だけの重量)が毎面についた道糸に干渉されないように仕掛けを沈められる。

 

沖の場合はこの仕掛けでは不向きです。

投入点が遠いので竿先から出た道糸が海面に潜ってしまい道糸が仕掛けを引っ張ってしまうので仕掛けが低層に届きにくいからである。



2)00・000号ウキ

 

基本的には前記と同じような探りかただが、ウキの残浮力を確認しながら、ハリスにG3~G7ほどのガンダマを打ちウキ止めを結ぶ。

 

仕掛けが立つとウキが沈んでいくので適度な棚で張り込みが出来。

 

ウキが沈んだら目印糸を見ながら棚を考慮して沈める。

根がかりが心配なので目印し糸は大変役に立つ。